バイク

PCX160 日光・大田原タンデムツーリング 後編

こちらは、PCX160 日光・大田原タンデムツーリング後編です。(バイクツーリング)

まだの方は前編よりご覧下さい。

PCX160 日光・大田原タンデムツーリング 後編こちらは、PCX160 日光・大田原タンデムツーリング後編です。(バイクツーリング) まだの方は前編よりご覧下さい。 htt...

ファミレスのガストで昼食。日光中心部→いろは坂へ

近くの飲食店を探すも良さそうなところなし!ガストで昼食

スマホで飲食店を検索してみましたが、いくつか出てきますが、なかなか良さそうなところが見つかりません。
また、GWのお昼時ということもあり混雑していることも予想されます。

悩んでいたところ、すぐ近所にファミレスのガストがあるようです。

妻と話し合った結果、この際ガストでもいいかなということになりました。
観光地近くのガストなら、まだそこまで混んでないかな?と考えました。

東武ワールドスクウェアを出てわずか数分で到着。

店内はそこそこお客さんはいるものの、すぐに入ることができました。
また、注文した料理も割りとすぐに出てきました。さすがファミレス。

旅行に行くと「その土地の名物を食べたい」と思うかもしれません。

しかし、無理にお店を探して時間をロスしたり、並んで貴重な時間を使うくらいなら、すぐに入れるお店でパッと食べて次に向かうというのも1つの手ですね。

今日は巨大迷路と東武ワールドスクウェアで時間を使ってしまい、余裕がなくなってきたので、上手く時間の節約ができました。(^^;

途中のガソリンスタンドで給油。気になる燃費は…

日光市内を越え、中禅寺湖方面に向かうとガソリンスタンドはほとんどありません。
出発から走行も300km、そろそろ給油をしたいところ。

ガストからすぐ近くにガソリンスタンドがあったので給油して先を急ぎます。

気になるPCX160の燃費ですが、メーター燃費45.7km(実燃費44.2km)でした。

タンデムでシート下収納もリアボックス内も荷物満載で走ってきたことを考えると、まずまずの燃費でしょうか。

日光中心部は大渋滞!日光カステラ本舗本店でお土産を買う

給油も終え、日光中心部に入ります。

お土産を買うため、前からチェックしていたカステラで有名な日光カステラ本舗 本店に向かいます。

GWということもあり、日光中心部は大渋滞!
車だけでなく、歩道やお店もたくさんの観光客で賑わっています。

時間はかかりましたが、なんとか日光カステラ本舗に到着です。

こちらは無料の駐車場が完備されていますが、GW中にも関わらずがら空きです。

店内はそれなりにお客さんはいます。

割りと日光中心部にあるのに何故?と不思議に思っていると、来店したのは「本店」ではなく、「磐梯日光店」であることに後で気付きました。

すぐ近くだったので間違えてしまいました。

本店ではなかったから空いていたのか、真相は不明ですが、お土産は買えたので、まあよしとしましょう(^^;

リオン・ドール日光店で夕食の買い出し後、いろは坂へ

本日宿泊予定の光徳温泉 日光アストリアホテルには、夕食も朝食も付いていません。

また、日光市内を抜けると中禅寺湖周辺には飲食店はありますが、スーパーなどもほとんどなくなります。

そのため、ここで買い出しをしないと本日の夕食は抜きになってしまいます。

近くにリオン・ドール日光店というスーパーがありますが、この大渋滞の中数km戻る必要があります。

多少の時間はかかったものの、無事お店に着きました。
夕食や明日の朝食、おつまみやお酒などを買い出し出発です。

再度大渋滞の日光中心部を抜け、いろは坂へ向かいます。

いろは坂も混んでいるかと予想しましたが、それ程ではなくスムーズに走ることができました。
紅葉の時期の混雑はもっと凄いだろうと思われます。

ちなみにPCX160のパワーなら、タンデムでも十分に流れに乗って走行することが可能でした。

いろは坂では、途中の黒髪平展望台や日光明智平駐車場で休憩し、素晴らしい展望を堪能しました。

特に日光明智平駐車場は、男体山が目の前です。

ロープウェイもあり、時間があれば乗ってさらに上まで登ることができます。

また、こちらは無料でバイク専用の駐車スペースが用意されており、ライダーの方に親切な設計。(残念ながら車は有料でした)

中禅寺湖→戦場ケ原→日光アストリアホテルへ

いろは坂を過ぎると、いよいよ中禅寺湖に入ります。

休憩したくなり、まずは中禅寺湖にあるカフェを目指します。

コーヒーショップ スプーン(カフェ)で、中禅寺湖の絶景を見ながら一息

中禅寺湖周辺には、たくさんのカフェがあります。

中禅寺湖に到着したのは15:30頃でしたが、この時間だと既に閉まっているカフェもありました。

まだ営業しているカフェを探したところ、走行中にコーヒーショップ スプーンという中禅寺湖の目の前にあるカフェを見つけ入りました。

駐車場は狭いので車で来るとちょっと大変ですが、バイクであれば全く問題なし。

外はやや暑かったので、コーヒーフロートを注文しました。
ソフトクリームが冷たくて美味しかった。

中禅寺湖畔に面しているため、一息つきながら絶景を楽しめます。

疲れた身体を癒しながら景色も楽しみたい方には、ピッタリのカフェです。

1時間弱こちらで休憩しました。

中禅寺湖展望台へ。途中にサルと遭遇。そして虫が…

カフェでゆっくりした後は、さらに絶景を求めて中禅寺湖展望台へと向かいます。
ここから約8km程あり、時間も16:20頃だったのでちょっと急ぎます。

走行途中にサルと遭遇しました。
日光といえばサル。

あまり近付くと恐いので、すぐに通りすぎました。

そして、中禅寺湖展望台へ到着です。
こちらも素晴らしい絶景です。

虫がすごく、バイクを停めるとすぐにバイクの方に寄ってくるので、この場はすぐに退散しました。

本日の宿泊ホテルがある戦場ケ原へ向かって再び走ります。

戦場ケ原展望台、そして日光アストリアホテルへ

走ること13km、時刻は17時を過ぎましたが、戦場ヶ原へ到着しました。
本日最後の観光スポットです。

広大な景色が広がります。

ちょっとアフリカっぽい雰囲気がありますね。(もちろん日本なので、周りを見ると違いますが)

こちらも売店駐車場が目の前にあるので、余程の混雑でなければ停めるのに困ることはないでしょう。
GW中でしたが、時間も遅いため車は少なめ。

ここからホテルはすぐ近くなので、30分程は滞在しました。

冬であればこの時間はもう真っ暗ですが、この時期はまだまだ明るいので、遅くまで観光を楽しめますね。

その後、本日宿泊するホテルに向かいました。

光徳温泉 日光アストリアホテルに到着。まさかの軽食付きでした

光徳温泉 日光アストリアホテルに到着です。
戦場ヶ原から近くにある静かなホテル。

屋根はありませんが、大きめの駐車場はしっかり完備されています。
そして、こちらのホテルはしっかりwifiも完備。

また、大浴場(温泉)があるので、温泉に浸かって旅の疲れを癒すことができます。

今回予約したのは素泊まりプランでしたが、なんと、素泊まりでも軽食(おにぎりセット)が付くとのこと。

受け取りは今日でも明日でもどちらでもOK。

よく確認していなかった自分が悪いのですが、軽食が付くとなると、買ってきたものが無駄になってしまいます。

そこで、今回おにぎり1セットのみ夕食として追加し、夕食として買ってきた1品とおにぎり1セットを明日の昼食にすることにしました。

こうすることで、食料が無駄にならず、また明日の昼食代も浮きます。

こちらのホテルは冷蔵庫も完備されているので、食料品の保存も問題ありません。

部屋は大きめの和室で、宴会のように楽しみました。

最終日は、金精峠→吹割の滝→老神湿地公園→高津戸峡

日光ツーリングもいよいよ最終日です。
今日は少し遅くなり、出発は8:30近くになってしまいました。

これから金精峠を通って東京方面へと向かいます。

湯の湖畔でまたしてもサルに遭遇

まずは、出発してすぐ近くの湯の湖畔へ。
ここから湯滝が上から見られます。

朝早くから釣りをしている人が多い。
無料駐車場がありますが、狭いので満車になる事が多いです。

マッピーは空いている狭いスペースに停めました。

そして、またしてもサルに遭遇。
親ザル子ザル含め数匹はいました。

特に逃げる様子もなく、木の上を移動していましたね。

湖畔ひろばで休憩。マッタリした良い雰囲気です

トイレに行きたくなり、すぐ近くの湖畔ひろばに向かいます。

トイレだけ行くつもりでしたが、着いたら目の前に湖が広がっており絶景です。

周辺にはレストハウス、また、ベンチもあるので、湯ノ湖の景色を楽しみながらのんびりしたりお弁当を楽しめます。

時間が迫っているので先を急ぎますが、時間があればのんびりしたかった。

金精峠を抜け、吹割の滝へ

金精峠を走行、絶景が広がっています。
途中で思わず停車をして、景色に見とれてしまいました。

GWですが、まだ朝早いからなのか、交通量は少なめです。
所々で休憩を入れながら山道を下っていき、吹割の滝を目指します。

そして、10:30頃に吹割の滝に到着しました。

この辺りまで来ると、車もたくさん走っています。

観光地ですが、駐車場は無料で停められ割りと空いていました。
※場所によっては、有料のところもあるようなので注意

駐車場から滝まで数分は歩きますが、遊歩道もしっかり整備されているので安心です。

目の前に現れる滝に圧倒。
観光客もたくさん来ていました。

そして、暑くなってきたのでソフトクリームを頂きました。

お店によって値段はバラバラで、入口から少し入ったところが250円で一番安かったので、こちらで購入。(残念ながら現金払いのみ)

つい長居してしまい、1時間程いました。

今回の旅は滝ばかり行っていますね。(笑)

老神湿地公園でランチ。静かなところでマッタリしたい方にオススメ

時刻も11:30になり、そろそろランチにしたいところ。

近くでのんびりできそうな公園がないか調べていたところ、老神湿地公園を発見しました。

行ってみると、GW中にも関わらず人はほとんどいません。

広い無料の駐車場やトイレもしっかり完備されており、人混みを避けて休憩したい方にオススメ!

トイレと同じ建物内には、無料で利用できる椅子もあったので、ここでランチにしました。ランチといっても、昨日スーパーで買った残りとホテルでもらったおにぎりセットですが。

ちなみに、季節にはたくさんのホタルが見られるそうです。

こちらで1時間程休憩して出発しました。

高津戸峡。今旅最後の観光スポットです

老神湿地公園から走ること40km。

今旅最後の観光スポット、高津戸峡に着きました。
空いていたので1時間ほどで到着です。

こちらも、無料駐車場とトイレがしっかり完備されています。
高津戸峡は街や駅も近いので、電車でもアクセスは良好です。

整備された遊歩道を歩きながら、渓谷を楽しめます。

マクドナルドで休憩し、帰宅へ

気付いたら時刻は14時頃になっていました。
明日は仕事なので、なるべく早めに帰宅したいと思います。

帰りも混んでいるんだろうなと予想しながらも、高速料金節約のため下道で帰ります。

鳥のフンが…

東京方面に向かって走行中、群馬県内のある市街地で渋滞発生。

停止していたところ、「ベチャッ」という何か変な音がしました。
ここで嫌な予感が的中。

なんと、右腕のライダージャケットの上に鳥のフンが…(;゚Д゚)
すぐに目の前の広い路肩に止め、持っていた水とティッシュを使いキレイに拭き取りました。

帰宅後はちゃんと洗濯しましたが、まさか鳥のフンを落とされるなんて…。

この鳥のフンの事故により、20分程の時間をロスしてしまいました。

マック休憩→帰宅

気を取り直して走行再開です。
渋滞は結構あったのでところどころで休憩を挟みながら進みました。

気温も5月にしては暑く、冷たいものが飲みたくなったので、途中にあったマクドナルドで休憩です。

そして、自宅に帰ったのは19:30過ぎになりました。

PCX160の気になる最終燃費は…

2泊3日、PCX160によるタンデムツーリングによる燃費についてです。

先程も少しお話していますが、1回目は走行297.6km走行でメーター燃費は45.7、満タン法による実燃費は44.2。

2回目の給油では走行241.7km、メーター燃費46.7、満タン法による実燃費は46.39。

まとめると3日間の走行距離539.3kmで、メーター燃費46.7、満タン法による実燃費45.2となりました。

タンデムでシート下トランクもリアボックスも荷物満載で走っていたことを考えると、まずまずの燃費でしょう。

ちなみにタンデムではなく、一人で乗ってツーリングに行くと、約3km程燃費は改善していた(以前にデータを取ってみました)ので、リッターあたり50km近い燃費が出る計算になりますね。

前モデルより燃費は多少落ちましたが、必要十分です。

また、PCX160はタンデムでツーリングに出ても、交通の流れをリードできる十分なパワーがあるので、2人乗りにもピッタリのバイクでした。

リアボックスを付ければ荷物を多く積めるだけでなく、背もたれにもなってタンデマーにも好評です。

タンデムツーリングする場合、リアボックスは必需品ですね。

以上、前編後編と長くなりましたが、PCX160で行く日光・大田原タンデムツーリングレポートでした。

また機会があればツーレポを載せていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

昨年7月にも2泊3日で草津方面にタンデムツーリングに行き、そのレポートも載せているので、よければそちらもご覧下さい。

それでは。

PCX160で行く、長野・群馬、タンデムロングツーリング 前編今まで2013年式のPCX125に乗っていましたが、8年を迎えガタが来てきたこと、いざと言う時に高速道路に乗れないこと、安全運転を心がけ...
PCX160で行く、長野・群馬、タンデムロングツーリング 後編こちらは、PCX160で長野・群馬に行くタンデムツーリングの後編です。(バイクツーリング) まだの方は前編よりご覧下さい。 ...