キャッシュレス決済

マネックスカード+ANA JCBプリペイドで1.5%還元!投信積立にも使える高還元率クレカ

こんにちは、管理人のマッピーです。
今回はお得なクレジットカードについてのお話です。

その名も「マネックスカード」で、少し前に発行が開始されたばかりのまだ新しいカードです。

マネックス証券と新生銀行グループのアプラスが提携し、2021年5月19日より発行が開始されました。

このマネックスカード、とてもお得なカードであるため、皆さんにオススメしたく記事にしました。

ちなみにマネックス証券に口座を持っていないと作ることはできませんが、口座開設をしてでも作って損はないカードなので、是非最後まで読んでみて下さい。

マネックスカードは、還元率1%、年1利用で年会費無料、即時出金サービスが月5回まで無料

マネックスカードは、基本スペックも高いです。まずはその特長からお伝えしていきます。

還元率1%と十分な高還元率と、550円(税込)の年会費がかかりますが、年間1回でもカードを利用すれば次の年会費は無料になります。(初年度は利用に関わらず無料です)

また、マネックス証券の即時出金サービス(1回330円税込)が月5回まで実質無料です。(後日、手数料分がキャッシュバックされます)

即時出金サービスとは、証券総合取引口座から即時に出金できるサービスです。

これだけの特典がありながら、年会費も実質無料で持てるのはお得ですね。

ちなみに国際ブランドはJCBのみとなりますが、国内で使うには問題ありません。

ポイントの使い道も豊富で困らない

貯まったマネックスポイントは、dポイント、Pontaポイント、Amazonギフト券、株式手数料への充当、グループ会社のコインチェックの仮想通貨などに交換できます。

特にdポイントやPontaポイントへの交換がオススメです。

何故なら、dポイントはd払いやdポイントとして使えるだけでなく、dカードプリペイド(MasterCard)を発行してそこにチャージすれば、ほぼクレカとして使えるようになるからです。

また、電子マネーiDやモバイルSuicaへのチャージにも利用でき使い道に困りません。

PontaポイントについてもauPAYにチャージをすればauPAYとしての利用はもちろん、auPAYプリペイドカード(MasterCard)を発行すれば、dカードプリペイドと同様にクレカとして使えるようになります。

ただし、auPAYプリペイドカードはモバイルSuicaのチャージには使えますが、ポイントは付きませんし、iDとしての利用はできません。

プリペイドカードの発行はどちらも無料なので、dポイントやPontaポイントを貯めている方にはオススメですよ。

「証券会社のポイントなのだから、株や投資信託の購入には使えないの?」と疑問に思うかもしれません。

2021年7月10日現在では、マネックスポイントで株や投資信託の買付はできませんが、もしかしたら将来的には株や投資信託の購入にも使えるようになるかもしれませんね。

dポイントのオススメの使い道、通常ポイントと期間限定ポイントはこうやって消費しよう!ドコモが提供しているd払いやdポイント。 ドコモユーザー以外でも利用できる共通ポイントであり、使えるお店もかなり増えてきている印象...
2重取りできるKyashが改悪、乗り換え先のオススメはauPAYクレジットカードと紐付けすることにより、クレジットカードのポイント+Kyashポイントの2重取りができたお得なKyash Cardが先日...

お得なキャンペーン実施中!2021年10月末まで3%還元+5万円以上のショッピング利用で3,000ポイント付与

2021年10月31日までのカードショッピング利用で通常還元率1%に加え、さらに+2%付与され合計3%の高還元率となります。(月の上限2,000ポイントまで)

さらに2021年10月31日までに入会し、カード申し込み月を含む4ヶ月間にカードショッピングを5万円(税込)以上利用すると3,000ポイントが付与されます。

3%還元で5万円利用すれば3,000ポイントももらえるのですから、2021年10月末まではメインカードとして使えるスペックですね。

キャッシングや年会費、楽天Edyチャージ・BANKITチャージはポイント付与の対象外です。

ちなみにANA JCBプリペイドカードに5万円をチャージすれば、キャンペーンの3,000ポイントは一瞬で達成可能です。

そのANA JCBプリペイドカードを利用した裏技は、この後に説明します。

ANA JCBプリペイドカードやd払いを使えば、さらに0.5~1%上乗せされ最大2%の超高還元率に!

これまではマネックスカードの特長について紹介してきましたが、ここからが本題です。

マネックスカードは通常還元率1%(2021年10月31日までは3%)ですが、ANA JCBプリペイドカードを組み合わせるとさらに+0.5%のポイントを獲得できます。

ANA JCBプリペイドカードは、ANAとJCBが提携して発行しているチャージ式のプリペイドカードです。

年会費も発行手数料も無料です。

利用開始手数料が550円(税込)かかりますが、2022年3月31日までキャンペーン中のため現在は無料です。(キャンペーンは継続される可能性あり)

マネックスカードからANA JCBプリペイドカードにチャージすれば1%(2021年10月31日までは3%)付き、ANA JCBプリペイドカードで利用すればさらにそこから0.5%付くので、合計1.5%還元(2021年10月31日まで3.5%)になります。

ANA JCBプリペイドカードにチャージすれば、JCBクレカとしての利用はもちろん、Androidでおサイフケータイ、Google Payに対応していればQUICPayとしての利用もでき、モバイルSuicaへのチャージなど幅広く使えます。

Suicaチャージでポイントは付きません。

さらに、チャージしたANA JCBプリペイドカードをd払いに登録し支払いに利用すれば、d払いでのポイント0.5%も付くので、合計で2%還元(2021年10月31日までは4%)の超高還元率となります。

この方法であれば、キャンペーンが終わってもd払いであればいつでも2%還元、ANA JCBプリペイドカードのカード利用やQUICPayは1.5%の高還元率を受けることができ大変お得です。

・マネックスカードでANA JCBプリペイドカードにチャージ → マネックスポイント1%が付与される

・チャージしたANA JCBプリペイドカードでカードやQUICPay利用 → 0.5%キャッシュバック、またはマイルが付与

合計1.5%還元(2021年10月31日までは+2%され3.5%還元

・さらにチャージしたANA JCBプリペイドカードでd払い → dポイント0.5%付与

合計2%還元(2021年10月31日までは+2%され4%還元)

マネックスカード1%+ANA JCBプリペイドカード0.5%+d払い0.5%合計2%還元(キャンペーンは+2%され4%還元)

2021年冬以降に投信積立もスタート予定で、積立投資でポイント還元率1%!?

2021年冬以降に、マネックスカードを利用した投信積立も開始される予定です。

他社(楽天証券やSBI証券など)では、既にクレジットカードを利用した投信積立ができポイントも付与されます。

楽天証券の楽天カード積立は1%、SBI証券の三井住友カード積立は0.5%付与されます。(いずれも月最大5万円まで)

そのため、マネックス証券でもマネックスカードを使った投信積立にポイントを付与してくるものと思われます。

詳細は2021年7月10日現在未発表ですが、仮に月5万円まで利用でき1%のポイントが付いた場合、他の証券会社のカード積立と合わせるとさらにお得になります。

例えば、楽天証券で楽天カードによる投信積立を既にされていて、月5万円の枠では足りない方には、マネックス証券でマネックスカードで投信積立をすることにより、月5万円を超えた分についてもポイントが付くこととなり、将来の資産形成において非常に強力なツールになりますね。

今後の動向は要チェックです。

デメリットは、マネックス証券に口座がないと作れないこと

最後にマネックスカードのデメリットについてもお伝えしたいと思います。

申込みをするにはマネックス証券の口座開設が必須であり、口座を持っていないと持つことができません。

マネックス証券で資産運用など考えておらず、ポイントだけを目的に使いたい方も必ずマネックス証券に口座を作る必要があります。

そのため、そういう方にとっては少し面倒かもしれません。

といっても証券口座の開設自体は無料でできるので、手間だけですね。

 

以上、今回はマネックスカードのオススメポイントについてお伝えしました。

Visa LINE Payカードの3%還元が終了し、期間限定とはいえ新たな3%還元のカードが誕生したことで、2021年10月末までの間はメインカードとして使えますね。

もちろん、通常のポイント還元率も1%と高いので、それ以降も使っていくのは十分ありですよ。

それでは。

今回のまとめ

・マネックスカードは、1%還元、年1利用で年会費無料、即時出金サービス月5回まで無料など基本スペックが高い

・マネックスポイントは、dポイントやPontaポイント、Amazonギフト、仮想通貨、株式手数料への充当など様々なことに使える

・dポイントやPontaポイントなら、dカードプリペイドやauPAYプリペイドカードとしての利用も可

・2021年10月末まで3%還元、5万円以上利用で3,000ポイント付与(上限あり、対象外取引あり)

・ANA JCBプリペイドカードやd払いを使えば、さらに0.5~1%のポイント上乗せでき、1.5~2%の高還元率になる

・2021年冬以降にカードで投信積立ができるようになる予定で、ポイントも付く可能性あり

・マネックス証券に口座を持っていないとカードは作れない