dポイント

dポイントのオススメの使い道、通常ポイントと期間限定ポイントはこうやって消費しよう!

ドコモが提供しているd払いやdポイント。

ドコモユーザー以外でも利用できる共通ポイントであり、使えるお店もかなり増えてきている印象ですが、今回はそんなdポイントについての話題です。

以前にd払いのポイントの2重取りができてお得という記事も公開しました。

普段の決済方法は、PayPayでもSuicaでもクレジットカードでもなくd払いがお得まず、d払いって聞いて何が思い浮かぶでしょうか? ドコモがやっているサービスということくらいは知っている方も多いと思いますが、利用...

では貯まったdポイントは一体何に使ったら良いのか、オススメの使い道についてお伝えしたく記事にしました。

dポイントを貯めている方の参考になればと思います。

dポイントは通常ポイントと期間・用途限定ポイントがある

どちらも1ポイント=1円相当として利用可能。

通常ポイントは、dポイントが使えるサービスは全て利用できますが、期間・用途限定ポイントは使える範囲が限られます。

また期間・用途限定ポイントは、付与されてから数ヵ月間の有効期限があるので、なるべく早めに使用する必要があります。

ちなみにdポイントカードを提示してポイントを付けてもらったり、d払いで獲得したポイントは通常ポイントでの付与ですが、キャンペーンなどで得られるポイントは基本的に全て期間・用途限定ポイントになります。

通常ポイントは、dカードプリペイドにチャージするのがオススメ!

まず通常ポイントの有効期限は、獲得した月から48か月後の月末までです。

約4年間も使えるので、無理に急いで使用する必要はありません。

そして通常ポイントの使い道は豊富で、先程お伝えした通りdポイントが使える全てのサービスに利用可能です。

主な使い道は、dポイント加盟店でポイントとしての利用・d払いでポイント使用・dマーケットでのお買い物・ネットのお店で使う・ドコモのスマホ料金の支払い・ドコモのスマホのデータ量の追加・他社ポイントに交換・dカードプリペイドにチャージして使う、などがあります。

この中で特にオススメしたいのが、dカードプリペイドにチャージして使う方法です。

何故なら、dカードプリペイドはMasterCardとしてクレジットカードとほぼ同じように使えるためです。

さらにチャージしたプリペイドカードは電子マネーiDとしても利用でき、おサイフケータイ対応のスマホをお持ちの方はモバイルSuicaへのチャージにも使えます。

つまり、dカードプリペイドにチャージすることでMasterCard加盟店・iD加盟店・Suica加盟店と3つの使い道ができるので、使い道にも困ることは少なく有効にポイントを消費できます。

そのため、貯まった通常のdポイントはdカードプリペイドにチャージするのがオススメですよ。

ちなみにモバイルSuicaアプリでのチャージはポイント付与対象外ですが、Google PayでSuicaにチャージすればポイントもしっかり付与されます。(2021年5月現在)

なので、Suicaをよく利用される方はGoogle Payでのチャージがオススメです。

公式サイトには記載ありませんが、管理人のマッピーが最近確認しました。

dカードプリペイドは別途申込みする必要がありますが、プリペイドカードのため審査なし、発行手数料、年会費も完全に無料です。

またドコモのスマホを契約している方なら、スマホ料金の支払いに使用する方法も良いかもしれません。(使用するにはdポイントクラブ会員である必要があります)

期間・用途限定ポイントは、iDキャッシュバック、d払いやdポイント、ローソンお試し引換券がオススメ!

期間・用途限定ポイントの有効期限はおよそ数ヵ月と通常ポイントに比べ期間が短く、使用用途も限られています。
なので早めに利用するようにしましょう。

dポイントは、期間が短いものから優先して使用されます。

有効期限を確認する方法として、dポイントクラブにログイン(アプリでも可)すれば確認が可能なので、失効しないように注意してください。

ちなみに期間・用途限定ポイントは通常ポイントと違い、dカードプリペイドにチャージするという方法が使えません。

では、一体何に使用したらよいのか?

オススメな使い道は、iDキャッシュバック(dカードお持ちの方限定)、d払い、dポイントとしての利用です。

iDキャッシュバックとは、dカードのiD利用してお買い物をした代金を充当できるというもの。

100ポイント単位で交換でき、例えばdカードのiDで500円利用した場合、500円分が請求から充当されます。(代金の請求から引かれる)

利用代金に充当できる期間は、申込み受付月の16日を起算日とした6か月間(15日まで)となっているので、期間もそこそこ長く有効に使用できますよ。

ちなみにその期間に充当されなかったiDキャッシュバックは、失効してしまうので注意してくださいね。

dカードを持っていない方や、持っているけど電子マネーiDをあまり使わない方には、d払いやdポイントとしての利用がオススメです。

d払いで利用する場合はスマートフォンにd払いアプリをダウンロードして設定し、dポイントを利用するにチェックを入れる。dポイントとして使う場合はdポイントカード、またはアプリをダウンロードして設定する必要があります。

d払いやdポイントはコンビニ・ドラッグストア・スーパーなど、チェーン店を中心に使えるお店は非常に増えているのでそれらのお店で使用すると良いでしょう。

普段の食費や日用品に使えば無駄にならず有効に活用できます。

管理人のマッピーも期間・用途限定ポイントは、d払いやdポイントで近所のスーパーやドラッグストアで食料品や日用品の購入に使用して無駄なく消費しております。

キャンペーンなどで大量に獲得できるdポイントはほとんど期間・用途限定ポイントなので、このように有効に使用すると家計の負担軽減に繋がるためオススメです。

その他にオススメな方法は、ローソンお試し引換券での利用です。

貯まったdポイントを使って店頭のLoppi、またはローソンアプリにて引換券を発行し、対象商品と交換ができます。(Pontaポイントも利用可)

対象商品は日により変わり、お菓子類やドリンクなどがメインになります。

通常価格より少ないポイント数で対象商品と交換ができるので、買いたい商品があればお得に利用できますよ。

では、一体どんな商品があるのか?

例えば最近確認した限りだと、↓このような商品がありました。
ここで挙げたのはほんの一例ですが、まだまだたくさんあるのでご自身で確認してみてください。

・ロッテ 爽 バニラ(190ml)/とろ〜り練乳いちご(185ml) 税込151円 → 70ポイント

・ヤマザキビスケット チップスターS うすしお/コンソメ/香ばしごま油 税込み117円 → 30ポイント

・ローソンオリジナル 香り豊かなふっくら食パン 5枚切/6枚切/8枚切 30円引券 → 10ポイント

・【アプリ限定】 からあげクン 各種 100円引券 → 50ポイント

以上、今回はdポイントのお得な使い方についてお伝えしました。

様々な方法で使えるdポイントですが、キャンペーンなども定期的に開催されており、dポイントが多く獲得できるチャンスも多いので、是非参考にしてご自身に合った利用方法を見つけてみてください。

それでは。

今回のまとめ

・通常ポイントと期間・用途限定ポイントの2種類がある

・通常ポイントはdポイントが使える全てのサービスに利用でき、有効期間も約4年と長い

・期間・用途限定ポイントは、使用用途が限られ有効期限も数カ月間と短い

・通常ポイントはdカードプリペイドにチャージすれば、MasterCard、iD、モバイルSuicaチャージとして利用できる

・期間・用途限定ポイントはiDキャッシュバック、d払いやdポイント、ローソンお試し引換券での利用がオススメ