QRコード決済(スマホ決済)

2重取りできるKyashが改悪、乗り換え先のオススメはauPAY

クレジットカードと紐付けすることにより、クレジットカードのポイント+Kyashポイントの2重取りができたお得なKyash Cardが先日改悪され、クレジットカードとの紐付けによる還元率は1%(100円につき1ポイント)から0.2%(500円につき1ポイント)と大幅ダウンしてしまいました。

クレジットカードを紐付けして2重取りをしていた方には大変残念な改悪のため、「今後もポイントの2重取りをしてお得に使いたい」というあなたのために、ポイントの2重取りができるオススメのカードを紹介したいと思います。

Kyash Cardは、クレジットカードと紐付けをせず現金チャージのみで利用するなら1%還元とそこそこの還元率であり、クレジットカードのように後払いが嫌な方や、クレジットカードの審査に落ちてしまった方などにはオススメのプリペイドカードです。

ポイントの2重取りや送金などもできる便利なプリペイドカードKyash Cardとは?キャッシュレスで支払いしたいけど、クレジットカードは後払いなのでちょっと抵抗ある。 そこで今回は、そんな方にオススメできる便利なプ...

2重取りにオススメのカード、それはauPAYプリペイドカードです。
auPAYは、最近テレビでCMもよくやっているのでご存知の方もいるでしょう。

「私はauを使っていないから関係ないよ」と思われた方もいると思いますが、auPAYはauユーザーでなくても使えるのです。

管理人のマッピーもauユーザーではありませんが、auPAYはお得なためかなり使っています。

では、auPAYが何故オススメできるのか、これからお伝えしたいと思います。

auPAYはQRコード決済だけでなく、MasterCardとしても使え、使い道が豊富

まず、auPAYとはauブランドを展開するKDDIと沖縄セルラー電話が提供するQR・バーコード決済です。

auPAYはQRコードで利用できるのはもちろん、チャージ式のauPAYプリペイドカード(MasterCard)も発行できるため、こちらを発行すればチャージした残高をクレジットカードのようにMasterCard加盟店でも利用できるようになります。

また、Apple Pay/Google Payにも対応していてQUICPayとしても利用可能です。

MasterCardとして使うのであれば、多くのお店で利用できるのはもちろん、先日オススメしたモバイルSuicaのチャージにも利用できるので非常に使い勝手は良くなります。

モバイルSuicaへのチャージはポイントは付きません。

auPAYはクレジットカードからチャージでき、利用分と合わせてポイントの2重取りができる!

auPAYは、クレジットカードや銀行口座、Pontaポイント、ローソンATM、auショップ等からチャージして使います。(auユーザーはauかんたん決済でもチャージできます)

PayPayや楽天ペイ、d払い、LINE Payなどの他のQRコード決済のように、チャージをせずに登録したクレジットカードからの直接支払いはできないので注意してくださいね。(auユーザーなら、auPAYカード・auじぶん銀行・auかんたん決済を使ってオートチャージはできます)

ちなみにauPAYは利用した金額の0.5%のPontaポイント(200円につき1ポイント)が付与されます。

「なんだ、たった0.5%しか付かないなら普通にクレジットカードを使った方が得じゃないか」と思われた方もいるかもしれません。

auPAYのお得なところは、他社カードからでもチャージができ、カードによってはポイントも付与される点にあります。

チャージできるクレジットカードは、MasterCardとアメリカン・エキスプレス・カード、一部のVisaとJCBのみです。詳しくはauPAYのHPを確認してください。

このブログでオススメしている楽天カードでもチャージしてポイントが付きます。(2021年3月24日現在)

つまり、楽天カードをお持ちの方なら、auPAYにチャージして1%の楽天ポイントとauPAYを使って0.5%のポイントの2重取りができ、合計1.5%の高還元になります。

以前は楽天カードはMasterCardのみ対応でしたが、現在はVISAやJCBでもチャージ可能になっています。

楽天カードからauPAYチャージして1%の楽天ポイント+auPAYで決済してPontaポイント0.5%=合計1.5%還元

ポイントがザクザク貯まる!?楽天カードが誰にでもオススメできる理由世間ではポイントが貯まりやすくてオススメと言われている楽天カード。 既に楽天カードを所有されている方も多いと思いますが、楽天カード...

もちろんauPAYチャージに対応していて、ポイントが付くクレジットカードであれば、楽天カード以外でも2重取りができます。

改悪前のKyash Cardは2重取りで合計2%にできたので、それに比べると還元率は落ちますが、キャンペーンを除くと通常決済で1.5%もの還元されるカードはほとんどないため非常にお得です。

つまり、普段の買い物は楽天カードなどの高還元率カードからauPAYにチャージをして、チャージしたauPAYで支払いすれば良いのです。

auユーザーでなくても利用でき、貯まったPontaポイントはauPAY残高にチャージ可能

最初でも触れましたが、auPAYはauユーザーでなくても使うことができます。
もちろんQRコード決済だけでなく、auPAYプリペイドカードも発行可能です。

ただし、auユーザー以外がauPAYプリペイドカードに申込するには、auじぶん銀行に口座開設をしなければなりません。

auじぶん銀行は、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行です。

まず、auIDの新規登録とauPAYアプリをダウンロードして設定し、auPAYを使えるようにします。
さらにauじぶん銀行に口座開設の申込みをします。

口座開設後は、auPAYアプリからauPAYプリペイドカードの申込みをすれば、auPAYプリペイドカードを入手することができます。

auユーザーの方は、auじぶん銀行に口座開設をしなくても、auショップやauPAYアプリ、auPAYサイトなどでそのまま申込みができます。

ちなみにauPAYで決済し、貯まるポイントはPontaポイントとなるため、Ponta加盟店で利用できるのはもちろん、auPAYにチャージして、QRコード決済やauPAYプリペイドカード、Apple Pay/Google PayのQUICPayとして使うことができます。

最大20%還元など、お得なキャンペーンを定期的に実施している

auPAYは、先日はたぬきの恩返し(スーパーやドラッグストア、飲食店などで最大20%還元)やローソンで20%還元など大規模なキャンペーンを実施していました。

今後もまだまだお得なキャンペーンは実施される可能性は十分あるため、チャージしたauPAYはよりお得に利用できますね。

仮に20%還元のキャンペーンであれば、10,000円利用すれば2,000円が戻ってくることになるので、20%という数値がいかに高還元率なのか理解できると思います。

クレジットカードからのチャージであれば、さらにそのポイントも上乗せされるため、よりお得ですね。

※キャンペーンの付与対象になるポイントはauPAYのQRコード決済のみです。auPAYプリペイドカードでの決済はほぼキャンペーン対象外です。

auPAYのデメリット

最後にauPAYのデメリットについても触れたいと思います。

auPAYの通常の利用は0.5%(200円につき1ポイント)と一般的な還元率ですが、キャンペーン時でのポイント還元率も200円単位なこと。

例えば、20%還元中に389円の利用をしたら、189円は切り捨てられ、200円に対してポイントが付与されます。
また、190円の買い物では200円に満たないため、一切ポイントが付きません。

そのため、少額での買い物は少し使いづらいでしょう。

また、auPAY自体はauユーザーでなくてもauIDを作ってアプリをダウンロードすれば、すぐに使うことができますが、auPAYプリペイドカードはauじぶん銀行に口座を開設し、その後でなければ申込みできません。(auユーザーは、auじぶん銀行に口座開設しなくても申込みできます)

auじぶん銀行に口座開設をして使わなくても、問題はないため、特に不要なら使わなければ問題ないでしょう。

デメリットはそのくらいでしょうか。

とはいえ、auユーザー以外はプリペイドカードまで作るのは少々面倒ですが、一度作ってしまえば後はずっと利用できるので手間なのは最初だけです。

特にKyash Card を使ってクレジットカードと紐付けしてポイントの2重取りをしていた方の次の候補としてはピッタリではないでしょうか。

お得なauPAY、是非検討してみてくださいね、それでは。

今回のまとめ

・auPAYはQRコード決済、MasterCard、QUICPayと使い道が豊富

・クレジットカードからチャージができ、カードによってはチャージでもポイントが付くため、auPAY決済のポイントと合わせて2重取りができる

・auユーザー以外でも使える、ただし、非auユーザーがプリペイドカード発行するにはauじぶん銀行の口座開設が必要

・貯まったPontaポイントはauPAY残高にチャージして使える

・最大20%還元などお得なキャンペーンを定期的に実施している

・ポイント付与は200円単位のため、少額決済では使いづらい