バイク

auのpovo2は基本料0円で維持でき、スマホナビ専用回線として最適

こんにちは、マッピーです。

今回は「スマホナビ用に使える激安の回線」を探している方に向けての内容になります。

GoogleマップやMAPS.MEなどの便利なナビアプリが使えるスマホナビですが、バイクや自転車で使うと常に紫外線や雨風に晒されるのでダメージが大きいです。(特に真夏)

そのため、できればメインスマホでなく、ナビ用の安いスマホを用意したいところ。

そこで当ブログでは、以前にナビで使える激安スマホ等について記事にしました。

バイクで使うナビは、激安防水スマホがオススメ!メインスマホを使うと壊れてしまう危険性もこんにちは、マッピーです。 今回は主にバイクに乗っている方(車や自転車の方でもOK)に向けての記事になります。 普段の足とし...

スマホナビはオフラインでも使用できますが、オンラインで使えればスムーズに検索やリルートができたり、渋滞情報も出せたりで、さらに利便性は上がります。

スマホナビ用回線としてベストであった楽天モバイルが2022年7月より月額料金0円を廃止したことは、0円運用をしていた方にとって大きな痛手です。

では、楽天モバイルが0円で維持できなくなった現在、基本料金0円、または激安料金で回線を維持する方法は他にないか?

実はあります!

それは、auのpovo2.0と、日本通信の合理的シンプル290プランです。

auのpovo2.0は、基本料0円で維持できることが最大の魅力。

また、日本通信の合理的シンプル290プランも、データ通信1GBまでの利用なら月額290円と破格の安さです。

auのpovo2.0は基本料0円で高品質な回線が持てる!メリット、デメリットは?こんにちは、マッピーです。 「月々のスマホ料金を下げたい」「費用をかけずにサブ回線が欲しい」「使いたい時だけ課金できるプランがあれ...
わずか月額290円で音声付1GBの格安SIMが日本通信から登場!ライトユーザーにオススメ皆さんこんにちは、マッピーです。 格安SIMについては、これまで何度か記事にしてきました。 今回、音声通話とSMS付きで1G...

どちらもオススメできるものですが、楽天モバイルの0円から乗り換えることが前提のため、今回は同じ0円であるpovo2.0にスポットに当ててお伝えしたいと思います。

povo2.0は、トッピングをしなければ最大128kbpsと激遅ですが、スマホナビで使うには十分使えることが確認できました。

まさにスマホナビ専用の回線として持つにはピッタリです。

筆者のマッピーがpovo2.0を契約し、実際にスマホナビを試した体験談も含め、その魅力についてお伝えしたいと思い記事にしました。

これを読めば契約したくなること間違いなし!?

auのpovo2.0の特長

基本料金0円で電話番号を持て、最大128kbpsで通信可能!

povo2.0とは、auが展開しているオンライン専用の料金プランで、基本料金0円でありながら最大128kbpsでデータ通信が使い放題となります。

もちろん電話番号も付与されるので、発信も着信もできます。

※国内への発信は、30秒ごとに22円かかります。

povoはオンライン専用プランのため、auショップで契約をしたり、わからないことを聞いたり、電話でのサポートはありません。基本チャットのみとなるため、スマホ操作に不慣れな方にはおすすめできません。

約6ヶ月間は0円で維持できる!契約事務手数料も無料で、1人5回線まで持てる!

povo2.0は、データトッピングをして課金をするシステムとなっており、課金しなければ料金は一切かかりません。

では、「トッピングしなければ永久的に0円なの?」と疑問に思うでしょう。

さすがにずっと無課金では使えません。

ただ、180日までは無課金状態で使えるため、約6ヶ月間は月額0円を維持できます。

その間は、最大128kbpsでデータ通信使い放題となる大変お得なプランとなっています。

一人5回線まで契約でき、サブ回線としてだけでなく、メイン回線や仕事用の回線、スマホナビ専用の回線にするなど、複数契約することもできます。

※auやUQ mobile含め、個人契約の同一名義では最大5回線まで

契約事務手数料も1回線目は無料であり、2回線目以降は3,300円がかかりますが、当面の間は無料です。(2022年8月現在)

データトッピングは最安220円〜。24時間データ使い放題330円なら、2日間データ通信無制限

povo2.0は基本料金0円ですが、180日以内に最低1回は何かしらのデータトッピングをする必要があります。

「とにかくお金をかけたくない」という方は、smash.使い放題パック(24時間)220円を選べば、180日に1回220円を課金すればOK。

これなら、1ヶ月あたりわずか37円程で回線が維持できます。

128kbpsでデータ通信使い放題で、電話番号も付与され、もちろん発信も受信もできる。

これで37円で維持できるなんて安すぎます。

一昔前では考えられなかったですね。

また、最安ではありませんが、24時間データ使い放題330円を選べば、実質2日間データ通信が使い放題となります。

※当面の間は翌日の0時になるまでトッピングの対象となり、日付が変わった後にデータトッピングをすればほぼ2日間利用可能。そのため実質2日間としています。

例えば、出先でナビだけでなく、宿泊先のホテルなどでもデータ通信量を気にせずバンバン使えるので、旅行との相性も抜群です。

最大128kbpsだが、Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MAPS.MEもなんとか使用可能

では、auのpovo2.0は最大128kbpsと非常に低速だが、ナビとして利用できるか?

結論から言うと、なんとか利用できます。

これは筆者のマッピーが、Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MAPS.MEの3つを試した結果です。

Googleマップは、検索に時間がかかり、たまにエラーになるが、ルート案内までいけば問題なし

Googleマップでの利用は、目的地やルートを検索してもなかなか表示されなかったり、エラーで止まってしまうことがありました。

しかし、ルート検索ができて、ナビ開始までできれば後はほぼ問題ありません。

ルート案内中はそこまで大きなデータを消費しないため、128kbpsでも快適に利用できました。

ちゃんと音声も出ますし、マップ移動もします。

念のため、オフラインでマップを予めダウンロードしておくと良いでしょう。

ナビ機能はオフラインでも使えますが、オンラインなら常に最新の交通情報を考慮して新しいルートを自動で再検索してくれるなど、便利な機能も使えます。

Yahoo!カーナビは、起動時と目的地やルート検索時に多少時間かかるものの、ほぼ問題なし

Yahoo!カーナビは、起動時や目的地、ルート検索に多少時間はかかりますが、ルート案内を開始できれば支障はありません。

特に起動時はいつもより時間がかかり、多少のストレスはありますが、読み込み完了してしまえば後はなんとか使えます。

こちらもちゃんと音声も出ますし、マップ移動もします。

MAPS.MEは、他の2つのナビアプリに比べると快適。

MAPS.MEは予めオフラインでマップをダウンロードしておくため、GoogleマップやYahoo!カーナビよりも快適に利用できました。

目的地やルート検索には少しだけ時間がかかるものの、それ以外はほぼ問題ありません。

音声もマップ移動もバッチリです。

ナビ自体はオフラインでも利用できますが、オンラインならリルート機能もあるので、使い勝手は良くなりますよ。

povo2.0でも快適にナビアプリをオンラインで使いたいのなら、MAPS.ME一択です。

結論:auのpovo2.0は回線速度は遅いものの、スマホナビとしてはギリギリ利用可能!MAPS.MEは快適。

ここまででauのpovo2.0はスマホナビとして使えるかお伝えしてきました。

GoogleマップとYahoo!カーナビは少しストレスがありますが、我慢すればギリギリ利用できることがわかりました。

また、MAPS.MEであればGoogleマップやYahoo!カーナビに比べると圧倒的に速く、快適に利用できました。

これが無料で利用できるのであれば、契約しない手はありません。

他にメリットとして、メインがドコモ回線かソフトバンク回線なら、通信障害や圏外時などの緊急時にもスマホとして利用することもできます。

出先でデータ通信をたくさん使う予定があるなら、データ使い放題(24時間)330円をトッピングすれば、実質2日間データ通信もし放題です。

このようにpovo2.0には多くのメリットがあります。

筆者のマッピーも2回線契約しました。

契約事務手数料も無料なので、是非この機会にpovo2.0を検討してみてください。

それでは。

今回のまとめ

・auのpovo2.0は、基本料0円で維持でき、電話番号も付与され無課金でも最大128kbpsで通信可能

・契約事務手数料も無料で一人最大5回線までOK

・約6ヶ月間は無課金で運用でき、最安のトッピングは220円のため1ヶ月当たり37円程で運用できる

・24時間データ使い放題330円なら、実質2日間データ通信使い放題のため、出先でもデータ容量を気にせずバンバン使える

・無課金だと最大128kbpsだが、Googleマップ、Yahoo!カーナビ、MAPS.MEもなんとか使える

・特にMAPS.MEは、他の2つに比べスムーズに動き快適