固定費

電気代を下げよう!電力会社を変えるだけで月1,000円程の節約に!

生活する上で欠かせないのが電気・ガス・水道などの光熱費ですよね。

今回はその中の電気代を少しでも安くなる方法をお伝えしたいと思います。

多くの方は何も考えずにそのまま東京電力などと契約したまま料金を支払ってはいないでしょうか?

そして、電気代高い!節約しなきゃ、と、こまめにコンセントを抜いたり、寒いのに暖房を使うのを我慢したりして、やっとの思いで月数百円節約しても精神的に辛いものでしょう。

電力会社やガス会社は、自由に選べる!

実は電力会社は自由に会社を選んで契約できるということをご存知でしょうか?

2016年4月の電力自由化により、消費者自身が自由に電力会社を選べるようになりました。

※今回は取り上げませんが、ガスについても自由に会社を選べます。(ガス会社も変更すると安くなる場合があります)

例えば、楽天でんきやエネオスでんき、looopでんきなど数多くある電力会社から自由に選べるのです。

プラン内容や電気代、付帯サービスは各社違い、使用量やお住まいの地域などによっても料金は異なりますが、電力会社を変えるだけで月に約1,000円程の節約になる場合があります。

仮に月1,000円節約できた場合は、年間にすると12,000円にもなります。

毎月の固定費が1,000円も安くなるなら、是非一度検討してみたいですよね。

では電力会社を変更するにはどうしたらよいの?工事が必要なの?と疑問があるかと思いますが、これはとっても簡単。

インターネットで新しい電力会社で契約するだけ。

工事や前の電力会社の解約手続きは不要でホントにこれだけです。

手続きが終わると、○月○日より新電力会社に切り替わりますとメールなどで連絡が来ますので、それを持って完了です。

一度変更してしまえばあとは継続するため、月1,000円の節約でも継続すると効果はとても大きいですよ。

↓電力シミュレーションなどできますので、ご自身の使い方で安い電力会社を選ぶとよいでしょう。(ガス会社もこちらでシミュレーションできます)

ちなみに管理人のマッピーは楽天でんきを使っており、以前利用していた東京電力と比較しても月1,000円ほど安くなりました。

「今まで使っていた電力会社から変更して大丈夫?」と心配される方もいるかと思いますが、現在と同じ送配電線を利用して電気を届けられるため、品質は変わりなく、今まで通り安定して電気を使うことができ、もちろん電気供給が停止されることもないため安心です。

楽天でんきは基本料は0円で、使用した分のみの請求、請求額の0.5%の楽天ポイント付与、SPUのポイント還元が0.5%アップなど、とってもお得な電力会社です。

※楽天でんきのSPU、+0.5%アップは2021年5月31日を持って終了となります。

ただし、住んでいる地域や家族構成、使い方などによって料金は変わります。必ず安くなるとは限らないため、どこが最安の電力会社なのか、まずは電気代見直しサイト等のシミュレーションサイトで調べてみて、是非ご自身にあった電力会社を見つけてみて下さいね、それでは。

今回のまとめ

・電気もガスも自由化により好きな会社と選んで契約できる

・会社を変えることによって料金を下げられる可能性がある

・ネットで契約するだけで、工事や前の会社の解約手続きは不要